翔んで韓国

K-POPやK-HIPHOPについて溢れ出す感情をはき出します。Block B至上主義者のひとりごと散文詩、独断と偏見

スウィンス パワハラ チャンヨンジュン!

외나무다리(ウェナムダリ:一本橋)というEPが出て早1か月。

こちら、内輪ネタだらけのお下品なEPという一言に尽きるけれども、私はスウィンス×ヨハンのおふざけコンビが何とも言えず好きなので先行シングルの호루라기からうるさくて最高…と思い毎日のように聴いている。

 

この、EP5曲中4曲においてスウィンスが「(チャン)ヨンジュン」と言及していて本当に大人げないというかパワハラというか面白い。

スウィンスとノエルくんの関係性萌え派の人間としてはおいしいネタでしかないけど…

ひとまわり以上歳離れた後輩を歌詞で集中攻撃するなんて!しょうもないなぁ。

言及されまくるほど愛されている、トンカツの愛情表現なのだな…(ほっこり)と勝手に解釈しております。スウィンスの昨今のスタイルはとにかくうるさく叫ぶだけで韓国ヒップホップを貶めているという批評も目にしたことがあるけれど、スウィンス、一昔前は真面目にやっていたし、私はいまのうるさい感じ面白いから好き、という立場です。

まぁとにかく内輪ネタづくしのこのEPの歌詞などについて、みていきましょうか。

 

 

続きを読む

陽はまたのぼりくりかえす

プエク、ことProduce X 101が終わり、SMTM8がすでに始まっている。

時の流れは速いものです…

なんだかんだ言ってプデュ見ちゃう系のオタクである私は今期もリアタイして全編視聴していました。

 

2年も前にもなるがNu'estがそれなりに好きだったもので随分と感情的な文章を書きなぐっていた。

tondekankoku.hatenablog.com

 

思考が堂々巡りのしょうもない記事だったけれども情けないながらリアルな気持ちを残しておけるのもブログの長所かな、とそのままにしている。

f:id:sedmikraskyy:20190722143953j:image

その時にこんなことを書いていたのでちょっと今のアンサーでも書いておこうかと思う。

(あれ???性懲りもなく無くまだサバイバル見て楽しんでるけどね???)

続きを読む

今年も

暑くて参っているので暑気払いと行きましょう。

f:id:sedmikraskyy:20190730210140j:image

https://music.apple.com/jp/playlist/%E6%9A%91%E6%B0%97%E6%89%95%E3%81%84-19/pl.u-PDb4Y4AsN2eYAR

 

騒がしい曲ばかりで私の好みが出てますね。

 

 

 

 

 

 

最近、ジコちゃんのインスタが通常営業していて嬉しいんだ。炎上に関しては名人芸としか言えないけど、また日常を見せてくれたり仲間のリリースを祝ったり、「普通」な姿を見せくれて嬉しい。

ノエルくんはどこに行った…??

そっちはすごく寂しいんですけど。困るよね。

怒涛のプレイリスト

恐ろしいほどのリリースペースの韓国音楽業界。

それに翻弄されているのはまさに自分で、たくさんいいなぁと思う曲があるのにどんどん新しく出た曲しか聴かなくなる。好きだったアルバムもタイトル曲くらいしか聴かなくなることもある。

アーティストは何ヶ月も何年もかけて作った曲なのかもしれないのに…こんな風に消費するのはリスペクトがないのではないか。

そんなもやもやを解消するためにはせめてもメモして記憶にしっかり留めたい。

 

ということで昨今聴いてきた曲やアルバムをメモしておきます!

とても浅い見解によるコメントを書いていきますが御容赦ください。

f:id:sedmikraskyy:20190623205503j:image

 

 

  • Block B Bastarz / I'm a mess.
  • Muncheese / You had to be there
  • Leellamarz / FUXX WITH ME
  •  쿠기 /Hooligans (Feat. Bill Stax)
  • Beenzino /OK GO (Feat. E SENS)
  • Paul Blanco / Lake of Fire
  • Legit Goons / Rockstar games
  • BOYCOLD / Post Youth
  • BIGONE / PEACH BLASSAM
  • KIM SUN JAE / POOR BOY
  • C Jamm / 킁
  • Huckleberry P / GRANDO SEASON
  • Way Ched /COMFY
  • GIRIBOY / 100년제전문대학

 

続きを読む

Cruise (Feat. Coogie) / BOYCOLD,1MILLION

f:id:sedmikraskyy:20190609233243j:image

 

いま私が生で観たいラッパーといえばウウォンジェとクギなのだが、最近はクギくんにやられていまして……

人並みにショミ7に出たころから好きだったけれど特にこの、BOYCOLDプロデュースの曲が素晴らしく良くて好きで毎日聴いている。

これは有名ダンススタジオ1MILLIONの音楽プロジェクトと一貫として実現したクギくんとBOYCOLDのコラボレーションだそうで音源のみのリリースの曲。早速コレオがついていました。

youtu.be

かっこいい~

 男子も女子も個性が出て素敵!

 

続きを読む

genie music festival 2019

生きてますよー!

 

 

5月は1回しかブログを更新していなかった!

というのも5月から仕事でプチ異動になり少々環境が変わって疲れていたからかもしれない。

色々更新したいことはあれど根性が足りず…ブログを書くまで手が回らなかった。

 

そんな5月の疲れを吹き飛ばそう!と思って連休を取ってgenie music festivalに行ってきました。久しぶりの更新はこちらのレポを書きたいと思います。長いぞー!

https://pbs.twimg.com/media/D496W2VU4AA1r9h.jpg

続きを読む

パレットのように

高等ラッパー3は割とあっけなく終わってしまった気がする。

http://static.kstyle.com/stf/df0602610d62f949085617f54b8db5cc.jpg

前シーズンがハオン×ビョンジェで熱すぎたうえに、その二人を取り巻くキャラクターがものすごく濃くて、そのドラマチックさで我々は一定の満足を得てしまい、高等ラッパー3に期待しにくかったのだろうと思う。

 

しかし今シーズンも沢山の見どころがあった。キャラクターの濃さという意味ではやはり面白くて、何よりもラップスキルや舞台経験がしっかりある子たちが多く出てきたところが印象的だった。高等ラッパーもSMTMと根柢の所では繋がっていて、「ショーが上手いラッパーがコンテストに勝つ」という構造が同じようにしっかりと出来上がっていたのが良くも悪くも…という気持ちだ。

 

私がその時どきで思ったことを以下騒いでいきますね。

 

続きを読む