翔んで韓国

K-POPやK-HIPHOPについて溢れ出す感情をはき出します。Block B至上主義者の戯れ事

センチメンタルに

 f:id:sedmikraskyy:20180125153727j:image

 

https://itunes.apple.com/jp/album/poet-l-artist/1337625818

 

 ジョンヒョンが遺したアルバムを聴いています。

とっても楽しくって綺麗で繊細で、オシャレで優しくって。これを傑作と言わずとして何を傑作と言おうか。

やっぱりまだジョンヒョンの曲を聴くのは辛い気持ちもあった。だけど彼が苦しんでいたとか、亡くなったとか度外視すべきなくらいいいアルバムだった。

だから尚更彼のことを惜しんでしまうのだけど。私はジョンヒョンの熱狂的なファンではなかったし彼がどういう人なのかとかそこまで突っ込んで知りません。だけど勝手に昔からの親しい友達が亡くなったくらいに思っている。今もそのくらい悲しいよ。

それだけ魅力的なアーティストだったもの。

 

どの曲も素晴らしいのだけどSentimentalは小粋なワルツでかわいらしくて特に繰り返し聴いてしまう。

 

もしこのアルバムでリリース活動してくれてたら完全にジョンヒョンのファンになってただろうになぁ。もう全く。いやだなぁ。傑作残していなくなっちゃうなんてずるいよ。

 

歌詞を見ると泣きそうになってしまうので、少しずつ訳を見進めていこうと思う。