翔んで韓国

K-POPやK-HIPHOPについて溢れ出す感情をはき出します。Block B至上主義者の戯れ事

バンヨングク!

 ただ、名前を言いたいだけ。
バンヨングク!!
なぜかフルネームで勢い良く言いたいだけ。
そんな気にさせる、
バンヨングク!!!!
 
 
三度の飯とお菓子の次にスクリーンショットが好きです。
とはいうもののとても荒い仕事で情けないのだが😂バンヨングクがじっとしてくれませなんだ。ぶれた。
f:id:sedmikraskyy:20160214170754p:image
 
f:id:sedmikraskyy:20160214170759p:image
 

なにこれ、出だしのバンヨングク!めっちゃワイルド&フリーでかっこいいんですけど。


f:id:sedmikraskyy:20160214171040j:image
 
f:id:sedmikraskyy:20160214171047j:image
 
↑こういったムード感じるのです。
 
新譜関連の活動ではずっとこのスタイリングでいて欲しいよバンヨングク。
 
曲調としては、『Uptown Funk』にまんま寄せてきてるよね。レトロファンク。
B.A.P.の曲と言えばNINとかロストプロフェッツ(笑)とか壮大なエモーショナルロックを取り入れているイメージが強かったので、先行EPでこうなら来月の新譜もかなりイメージチェンジを図ってきそうだ。
私はエモロックでゴリゴリのびえぴの方が好きなんだけれど、どうなるかも楽しみだ。
Kぽは視覚から入ってナンボ、聴ける曲なら本物だ。と、勝手に思っています。
 
実はこの『Be Happy』も音源だけだとあまり好みでは無い。
「楽しい」のは君らの管轄じゃなくない?
ダンサー、ラッパー、シンガーを取り揃えて個人技が高いグループなのに可愛い・楽しい領域に行こうとしているの?
(ていうか顔立ち可愛い系の方少なめですよね)そう思わずにはいられなかった。
ファン歴劇的に浅いのに物申して申し訳ございません。
しかし繰り返しますが、Kぽは視覚的に楽しめれば楽曲は二の次、いや視覚的に満足を得られれば楽曲も光ってくるのです。(これが沼の恐ろしいところ)
『Be Happy』も動画になるとなんか…悪くない。(あーあー)
 
 
バンヨングク氏も、我が愛しのジコ氏と同じくプロデューサーを勤めるアイドル。
彼の2016年のびえぴプロデュースを見守ろうと思う。
 
 
長々書いたけど見た目が好き。
8・2分の黒髪、つるんとした顔、大きめのジャケットとスラックス。
 
バンヨングク!